いしかわ矯正歯科

お電話でのお問合せ:077-561-8055

子供の矯正

子供の矯正

子供の矯正(Ⅰ期治療)の特徴

  • すべての永久歯が生え揃う前におこなう治療。
  • 対象年齢はだいたい5~12歳くらい。
  • 指しゃぶりや舌の癖の除去、上あごと下あごの成長コントロール、
    永久歯が生え揃うためのスペース確保などをおこなう。
  • 使用装置は取り外しできる装置と固定式の装置がある。
  • Ⅰ期治療をおこなわないほうがいい場合もある。
  • Ⅱ期治療(大人の矯正)が必要になる場合もある。
  • 永久歯が生え揃ってもあごの骨の成長発育が落ち着くまで
    Ⅱ期治療に移行せず、Ⅰ期治療を続ける場合もある(特に受け口)。
子供の矯正

メリット

  • あごの成長発育を治療に利用できる。
  • 指しゃぶりや舌の悪い癖を取り除くことにより、
    正常なあごの成長発育を促せる。
  • Ⅱ期治療の難易度をさげることができる。
  • 抜歯矯正の可能性を減少させることができる。

デメリット

  • Ⅱ期治療が必要になればトータル治療期間は長い
    (特に受け口)。
  • 本人のモチベーションが低いことが多い。
    (治療を成功させるためには患者様の協力が不可欠)
  • 治療効果の個人差が大きい。
  • 理想的な歯並びとかみ合わせを追及した場合、Ⅱ期治療
    が必要になることが多い。(最初に比べるとすごく良く
    なったので、Ⅱ期治療はいいですと言われ、Ⅰ期治療
    のみで終了するケースも多い)